欅坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

欅坂46にとって“フロントメンバー”とは何なのか? ポジション構成から考察された最前列の意味とは…

カテゴリーファン

欅坂46にとって“フロントメンバー”とは何なのか? 過去シングル曲のポジション構成から考察

  • 年明け直後の『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2019 ⇒ 2020』(TBS系)で披露された「黒い羊」で、2期生の森田ひかるのパフォーマンスが好評を得たことで、欅坂46のセンターに対する注目が集まっている(参考:欅坂46 2期生 森田ひかる、センター抜擢の意義とは? 「黒い羊」パフォーマンスから見えた新たな道筋)。誰がセンターに立つかで印象が変わるのも欅坂46ならではの楽しみ方だろう。しかし、確かにセンターは重要な立ち位置だが、ステージを作り上げているのはひとりではない。今回はそのセンターをすぐそばで支える“フロント”というポジションに焦点を当ててみよう。欅坂46にとって“フロント”とは何だろうか。

    そもそもフロントとは前列のことであり、複数列のうちの最前列を意味する。最前列はライブやテレビ披露の際に画面に映りやすく、MVでも映し出されるカットが自然と多くなる。したがって、フロントメンバーは視聴者にグループの“顔”として認識されやすい。その上、前に人がいないためダンススキルや表現力も求められる。さらに、たとえ他のメンバーが完璧にダンスをこなしたとしても、ひとりのミスがグループ全体に影響を及ぼしてしまう可能性があるのが前列だ。そのためフロントは、ある程度の信頼と実力がなければ務まらないポジションである。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

注目の記事

欅坂46、2度目の「不協和音」から感じた異常なほどの熱量 『紅白』パフォーマンスを振り返る

  • イントロで力強く右の拳を突き出した平手友梨奈。夏頃に負傷した右肘は完全に回復しているようだ。すぐにカメラは彼女の顔にフォーカスするが、髪で顔面が隠れているため表情が確認できない。と思いきや、次の瞬間に勢いよく前を向き、鋭い眼光を覗かせると、リズムに合わせて体を小刻みに揺らし始めた。

    12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)にて欅坂46が披露した「不協和音」のパフォーマンスを見た。2年前に同曲を披露した時とはカメラワークが変わっている。2年前のイントロはもっと、メンバーの顔など確認できないような高い位置から映していた。2度目の「不協和音」ということで、どうしても視聴者には前回の出来事がよぎる。しかし、今年の欅坂46はひと味違うな、そう思わせる何かがあの表情にはあった。この2年間に様々のことを経験したことで、いわゆる”鋭い目”にも深みを感じる。獲物を狙う目なんてよく言われるが、筆者にはあの目が、これまでグループに向けられたすべての悪意に立ち向かう目に見えた。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

平手友梨奈はなぜ渾身の「僕は嫌だ」を披露できたのか 紅白リハーサル取材で見えた欅坂46の謙虚・優しさ・絆

  • 欅坂46が2019年12月31日に「第70回NHK紅白歌合戦」に出場し、2年ぶりにテレビで「不協和音」を披露しました。多くの人の胸を打った“新不協和音”はいかにして作り上げられたのか。メンバー同士の見えない優しさと気遣いに注目しながら、音合わせ、リハーサル、囲み取材の様子を画像57枚、1万字で詳しくお伝えします(以下画像はリハーサル及び囲み取材のものです)。

    記事全文と写真はこちら

ねとらぼ より引用しました

欅坂46 『不協和音』

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑