欅坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

【櫻坂46】リアルサウンド荻原ライター「やっぱり君たちはやってくれるよね」1stシングル『Nobody’s fault』魅力を解説!

カテゴリー雑誌

櫻坂46が「Nobody’s fault」で見せた新たな攻めの姿勢 大胆かつ繊細、躍動するメンバーの姿からデビュー曲を考察

  • 先日の配信ライブ『欅坂46 LAST LIVE』でサプライズ披露された櫻坂46の1stシングル表題曲「Nobody’s fault」(12月9日発売)を見て、攻めてきたなというのが率直な第一印象だ。そして、欅坂46時代から常に攻めてきたグループだっただけに、やっぱり君たちはやってくれるよね、とむしろ安心感すら覚える。

    こういう言い方はおかしいかもしれないが、まずBPMが良い。心機一転で再スタートを切るというときに、ダンサブルで軽快なサウンドで明るく……というのがよく選びがちな“安全策”だが、この曲はおよそBPM110あたりのどっしりとしたリズムで進行する。ブラスアレンジの効いたハードロック系のサウンドで、一歩一歩踏みしめるような堂々とした雰囲気があり、攻撃的なギターとハンドクラップが聴き手をけしかけるイントロや、リズミカルなフィルイン、劇的なラスサビの転調など、全体的に音はパワフル。そしてなにより歌詞が強い。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

記事に寄せられたコメント

欅坂46は私の存在する意義として孤独の意味を教えてくれた。一方で、櫻坂46は世界にともに存在する意味を発信していくのかな?
いずれにせよ「暗いか明るいか」という単純な二項対立では描けないものを表現するのが欅坂46であったから櫻坂46もそうした見せ方で魅了して欲しい。 
名前を変えて見た目の印象や曲調も変えるかと思いましたが、見た目に関しては白が基調衣装で曲調は変わらずにらしさを感じました。
衣装が白い分曲調は重く感じません。 一人一人の目を見るとしっかりとしたスピリットを感じました。 
改名して曲の雰囲気も変えてくるのだろうと思ってたけどそうでもなくて良かった。
グループ名は一文字変わったけど欅坂のカラーは残った曲だったと思う。 
 小さいながらにダイナミックに踊るひかるちゃんの存在感は大きく見えました。センターを背負うという決意と責任感が感じられた強い目力が印象的でした。否が応でも前センターと比べられてしまうけど、森田ひかるらしく思いっきりパフォーマンスしてください。
 個人的には演劇的な振り付けより こちらのほうが全然良い 森田のシャウトでのジャンプは本来の姿っぽくて好き
萩原梓様 何時もながら愛溢れる記事ありがとうございます。 MVが早く見たいです。 


ツイッターの反応


ライター荻原さんの欅坂46&櫻坂46関連記事

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 , ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

『【櫻坂46】リアルサウンド荻原ライター「やっぱり君たちはやってくれるよね」1stシングル『Nobody’s fault』魅力を解説!』へのコメント

  1. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/17(土) 03:14:01 ID:YxODY3MjY

    まだ60回くらいしかリピートしてないな。

  2. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/17(土) 06:29:44 ID:Y3NjAyMTA

    めっちゃ吉本坂感があるんだよなぁ、この曲

  3. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/17(土) 14:47:45 ID:AzOTExMTI

    コールどんな感じかね。
    やっぱNo! No! No! のところは皆でだよね。

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑