欅坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

【欅坂46】映画評論家・野村正昭さん「今年度屈指の傑作ドキュメンタリーだった。」【僕たちの嘘と真実】

カテゴリー雑誌 ファン

水先案内人のおすすめ
評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが いまみるべき1本を毎日お届け!

  • 映画評論家  野村 正昭

    僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46

    二度ほど写し出される平手友梨奈の後ろ姿が印象的だった。メンバーから離れて、ポツンと座っている。その姿からはアイドルの孤独という、ありきたりの言葉とも違う何かが滲み出ていた。平手の不在に揺れるメンバーの動揺と葛藤が、そのショットに対応している。5年目を迎えた欅坂46のパフォーマンスやインタビューで構成されている、この映画には浮ついた空気は一切なく、まして涙でファンの感情を操作しようという意図も感じられない。現在の日本で、アイドルとは何かと提示する姿勢は、あくまで真摯である。

    ステージ裏は、まるで野戦病院状態であり、息をのむ。平手脱退後、初の無観客、生配信ライブでは、グループの改名を発表。5年間の活動に幕を下ろし、新たなスタートを切る彼女たちは、今後何を目指すのか。今年度屈指の傑作ドキュメンタリーだった。

ぴあ より引用しました

映画『僕たちの嘘と真実』関連記事


渡邉理佐が語る、“欅坂46での5年間” 「その瞬間に思った、感じたことに嘘はないと思う」

  • 9月4日、欅坂46にとって初のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』が公開された。当初は4月公開だった本作は、新型コロナウイルスの影響により、一時は新たな日程もわからないまま公開延期に。そんな思わぬ苦難を乗り越えて、ついにそのベールが剥がされる。だが、この5カ月の間に起こった出来事によって、本作が持つ意味合いは大きく変わってしまった。欅坂46にとってこの映画は、“初”であり、“最後”のドキュメンタリーなのである。

     リアルサウンドでは本作を深く掘り下げるため、常にグループの最前線に立ち、モデルなどの活躍を通して欅坂46の名を広く発信してきた渡邉理佐にインタビューを行った。デビュー当時の映像も収められた本作についてはもちろん、改名発表の瞬間からラストシングルまで、渡邉が見てきた「欅坂46の5年間」を語ってもらった。(編集部)

    記事全文と写真はこちら

リアルサウンド より引用しました


渡邉理佐&原田葵、欅坂での5年間は「波瀾万丈」

  • 欅坂46の渡邉理佐(22)と原田葵(20)がこのほど、日刊スポーツのインタビューに応じた。初のドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」(高橋栄樹監督)が公開中。波瀾(はらん)万丈の5年間の活動を振り返り、「後悔はないです」と言い切った。

    映画では、デビュー当時の映像も公開されている。加入時17歳だった渡邉は「自分で言うのもアレですけど、すごくういういしかった。自分自身と周りメンバーの成長を感じられました」と話した。15歳で加入した原田も20歳。「ちゃんと考えて行動するようになったと思います。成長したんですかね?」と笑った。

    記事全文と写真はこちら

より引用しました


欅坂46菅井友香:最初で最後のキャプテンとしての思い「誠実でいたいとずっと強く思っていた」 “原動力”語る

  • 10月12、13日に国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で開催されるラストライブをもって改名することを発表しているアイドルグループ「欅坂46」において、2017年からキャプテンを務めてきた菅井友香さん。当初の予定から5カ月を経て、ようやく9月4日に日の目を見た初ドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」(高橋栄樹監督)についてや、同グループの“最初で最後のキャプテン”としての思い、菅井さんの日々の支えになった“原動力”までを語ってもらった。

     ◇弱いところやもろい部分も見せたドキュメンタリー映画

     「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」は当初、4月3日に公開を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開を延期。本編はすでに完成していたが、活動自粛中のメンバーにリモート取材を行うなど、追加撮影を実施した。7月16日の無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!」にも密着し、新2期生らも加わった28人体制での迫力のパフォーマンス、大きな話題となった改名発表の瞬間も追加され、ライブから数日後のメンバーの心境にも迫った。

    記事全文はこちら

MANTANWEB より引用しました

欅坂・菅井友香 「一生懸命歩んできた日々に嘘偽りはない」ドキュメンタリー映画に

  • アイドルグループ・欅坂46のドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」(4日公開)の公開記念前夜祭イベントが3日、都内で無観客で行われ、全国98劇場の128スクリーンに生中継された。

     同作は3月に一度完成し、4月3日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で公開延期になっていた。追加撮影では、7月16日に行われた配信ライブでの改名発表にも密着。グループの足跡を追った。

     欅坂46は10月のライブを最後に5年間の活動に終止符を打ち、改名して再始動する。キャプテンの菅井友香(24)は「支え合った日々や、作品にかける情熱、一生懸命に歩んできた日々に嘘偽りはない。模索してきた日々の1ページ1ページを楽しみに見て欲しい。感想も待っています」と呼びかけた。

    記事全文はこちら

デイリー より引用しました


初出し映像満載『僕たちの嘘と真実』最新予告動画が公開!

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 , ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

『【欅坂46】映画評論家・野村正昭さん「今年度屈指の傑作ドキュメンタリーだった。」【僕たちの嘘と真実】』へのコメント

  1. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/09/07(月) 11:09:50 ID:U0NTU0NDg

    最初に謝る。ごめんなさい。
    期待したほどではなかった。
    「欅坂の事はよく知らんが平手には関心がある」ってタイプの人にはオススメの映画ではあるけど。
    戦場感でいうならAKB二作目の方が凄かったし、欅ファンなら薄々感じてた事をなぞった寂しさ漂う映画って印象だったかな。
    個人的に欅・平手ヒストリーどちらの側面でも足りてない感が。大胆にインタビュー部分やめて、過去映像に尺さいて掘り下げた方が良かったのでは。(一部メンバーの興味深いコメントはあったけど、軸の菅井のコメントに終盤の一部以外は終始面白味なかっかし。監督の狙いかもだが)
    ただ、ライブ歌唱部分の音声の生々しさは素晴らしかったし、もっと聴きたかった。
    それだけでも観に行く価値はある。

  2. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/09/07(月) 11:46:18 ID:Y3MDE2Mzg

    メチャクチャ評判いいね!
    私はまだ観てないけど、期待と緊張が入り乱れてる感じw

  3. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/09/07(月) 12:28:20 ID:Y0MTgzMTk

    ※1
    AKBの2作目のと比べるとね、あの当時今の乃木坂よりもテレビに出ていて劇場もありとんでもない忙しさの中のアレだからね。
    それに比べると欅はそこまで忙しくないのに…。
    まず体力作りからやったほうがよかったんじゃないかな。
    体が強くなると精神的に安定するって言うし。

  4. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/09/07(月) 14:55:46 ID:U0NTU0NDg

    ※1ですが。辛口批評したものの必見の映画には間違いないので。映画好きの辛口批評って事で。(さっしーみたいに、ゆっかーに感情移入した人もいるみたいだし)
    それに、観たらみいちゃんを応援したくなる。この先報われてほしいメンバー。

  5. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/09/07(月) 15:26:22 ID:U0NTQ4NzM

    ※1
    48のドキュメンタリー映画はあれはあれで、裏側や過程を極端に見せすぎてるから、感動ポルノ的だの頑張ってるアピールだの言う声も聞くから、結局何が正解か分からないよね
    感性の違い(?)って面白い反面、難しい

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑