欅坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

欅坂46、ラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」センター不在問題に対する解答に?【リアルサウンド】

カテゴリー雑誌

欅坂46、新曲はセンター不在問題に対するひとつの解答に? 今、「誰がその鐘を鳴らすのか?」を歌う意味

  •  欅坂46の新曲『誰がその鐘を鳴らすのか?』が8月21日に配信リリースされる。

     同曲は改名前の欅坂46としては最後のシングルとなり、配信限定でのリリースの予定。今年3月よりイオンカード「わたしの道」篇のCMソングとして放送されており、7月16日の配信ライブで初披露、続く18日放送の『音楽の日』(TBS系)で5枚目のシングル「風に吹かれても」とともにテレビ初パフォーマンスされた。作曲は辻村有記と伊藤賢の共作。

     8枚目のシングル『黒い羊』(2019年2月発売)以降、長らく目立ったリリースの動きがなかった同グループにとって、久しぶりの新曲でもあるため期待の大きかった今作。名曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」のタイトルを連想させるこの曲の解釈について、そしてこの曲を彼女たちが歌う意味について考えてみたい。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

リアルサウンド、欅坂46関連記事


欅坂46、改名という決断は“英断”となるかーー新たなグループに向けたメンバーの心情

  • “欅坂46 改名”。

     最初にこの発表を聞いたとき、正直筆者も戸惑いを隠せなかった。これが誰の発案で、どれほどのメンバーが拒否し、どれくらいの話し合いが行われたのか、現時点では明らかにされてないため実際のところはなんとも言えないが、少なくともメンバー全員が受け入れるのに相当な時間がかかったことは想像に難くない。

     考えてみれば、こうした決定にすぐさま楯突きそうな平手友梨奈はすでに脱退してるし、他に「No」と言いそうな志田愛佳や鈴本美愉といったやんちゃなメンバーももういない。みんなの前では言えないが、こっそりマネージャーに相談していそうな今泉佑唯も一番最初に卒業している。確かに今いる28人は、下された決定に対してうまく対応しようとする器用で素直なメンバーたちである。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

欅坂46、ついに本格的始動へ 配信ライブにおける3つのポイントとは?

  • 欅坂46の配信ライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!』が7月16日に開催される。そこで今回のライブのポイントを、大きく3つに分けて考えたい。

    息を潜めていた欅坂46がついに始動

     昨年夏の全国アリーナツアーの追加公演として開催された東京ドーム公演は大成功。デビューからの集大成的なライブとして、ファンからの評価も高かった。これまでのシングル曲やアルバムで培った世界観を余すことなく出し切り、ある意味“ひと区切り”を付けたような、欅坂46の“第一章”を自ら綴じたライブでもあった。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑