欅坂46まとめちゃんねる

「日向坂46とけやき坂46がクロスオーバー」日向坂46小坂菜緒と佐々木美玲“二人のエース”が全うする役割!二人にスポットを当てた【リアルサウンド】記事が公開中!


日向坂46 小坂菜緒と佐々木美玲、存在感を放つ表現力ーー“二人のエース”が全うする役割

  • 9月26日にさいたまスーパーアリーナで行われた『日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ』(以下、SSA公演)から早くも1カ月が過ぎようとしている。改めて振り返ると、小坂菜緒と佐々木美玲がそれぞれのセンター楽曲で存在感を放ち、素晴らしいパフォーマンスを見せていた。彼女たちの存在は、3rdシングル曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」のパフォーマンスにも大きく影響を与えているといえるだろう。そこで本稿では、それぞれのセンターの魅力について考察してみたい。

     SSA公演は、日向坂とけやき坂46時代の代表曲がバランス良く並んだセットリストだった。まず驚かされたのが佐々木美玲のパフォーマンスだ。けやき坂時代の多くの楽曲でセンターを務めていた佐々木美玲。特に「期待していない自分」での佇まいには、圧倒的な主人公感を感じた。たとえば、中央のステージでみんなが踊っている間に美玲はステージの真ん中で1人佇むという演出。ステージ映えするシルエットの美しさは、彼女の周りだけ静寂感が漂うような神々しさすら感じさせる。そして1人全速力で走り出し日向坂メンバーを引き連れる姿は、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」、もしくはジャンヌ・ダルクかのようだ。欅坂46の平手友梨奈とはまた違った憑依型ともいえるだろう。単なる新曲お披露目会で終わらないこうしたパフォーマンスは、観客をエモーショナルで深みのある世界へ誘った。

    記事全文はこちら

リアルサウンド より引用しました

ツイッターの反応

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 , , ,

注目の記事

コメントをどうぞ(チェック後に反映するため表示までに時間がかかる場合があります)

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑