欅坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

【欅坂46】香港の民主活動家・周庭さんが『不協和音』を拘束中に思い浮かべた理由・・・

カテゴリーファン

アグネス・チョウはなぜ『不協和音』を拘束中に思い浮かべたのか

  • 香港の民主活動家で、元政治団体「デモシスト」メンバーのアグネス・チョウ(周庭)さんが、10日夜8時(日本時間9時)ごろに、香港・国家安全維持法に関する容疑で逮捕された。11日深夜に周庭さんは釈放されたが、そのときの日本メディアの取材に「拘束されている時にずっと『不協和音』という日本語の歌の歌詞が、頭の中に浮かんでいました」と述べている。なぜ「不協和音」なのか。それは彼女の歩んできた道と深く関わりがある。

     周庭さんの逮捕後、日本のSNS上では「#Free Agnes」の呼びかけが広がるなど、大きな反響を呼んだ。ツイッターで46万人のフォロワーがいる彼女の知名度は日本社会で非常に高い。逮捕時、白いシャツにスニーカーを履き、マスク姿で警察車両に乗せられて連行される姿は大きな衝撃を与えた。周庭さんは7日ごろからFacebookで「家の周囲に怪しい男たちがいて、家の写真を撮っている」と不安を口にしていた。

    記事全文はこちら

より引用しました

ツイッターの反応


香港の周庭氏を支えた欅坂「不協和音」 保釈でトレンドワード入り

  • 国家安全維持法違反容疑(外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた容疑)で今月10日に逮捕された香港の民主動家・周庭(英名アグネス・チョウ)氏が11日深夜に保釈された。周氏は保釈された警察署の外で記者団の取材に応じた。

     日本のマスコミの質問には日本語で対応。「これまで香港の社会運動に参加してきて4回逮捕されたが、最も怖かった。起訴されるのかどうか分からないが、パスポート(旅券)も没収された」などと語った。また、逮捕時の恐怖を語るとともに「拘束されているときに『不協和音』という日本語の歌の歌詞が、ずっと頭の中で浮かんでいました」とも語った。

    記事全文はこちら

デイリー より引用しました

香港、民主活動家の周庭氏を保釈 香港紙創業者も

  • 香港警察は11日夜、10日に香港国家安全維持法違反の容疑で逮捕した民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏を保釈した。12日午前0時すぎには香港紙創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏も保釈した。両氏は外国勢力と結託して国家安全に危害を加えた疑いをもたれていた。

    記事全文はこちら

日本経済新聞 より引用しました

香港の民主活動家・周庭氏を保釈


周庭さん、釈放直後の日本メディア向けコメントで『不協和音』に触れる

周庭さん関連記事


香港 周庭さん起訴内容認める 民主化運動の「女神」

  • 香港の民主化運動の「女神」と呼ばれた女性が、起訴内容を認めた。

    香港の民主活動家の周庭さんや黄之鋒さんらは、2019年6月の抗議活動で、警察本部を包囲するようデモ隊を扇動した罪と、違法な集会に参加した罪に問われていた。

    6日の裁判で、周さんは起訴内容を認め、黄さんら2人は否認した。

    周さんの判決は、8月5日に予定され、実刑判決が出る可能性もある。

    周さんは、中国の「香港国家安全維持法」成立後、所属団体を脱退しているが、裁判後、香港メディアの取材に対し、「香港人は民主自由の信念を勝ち取れるよう頑張ってほしい」などと話した。

yahoo!ニュース より引用しました


引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 , ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑