櫻坂46まとめちゃんねる

おすすめ記事

櫻坂46遠藤光莉「自分自身を信じてみるだけでいい」円陣に込められた想いが泣ける・・・

カテゴリー遠藤光莉

2020.10.30 遠藤光莉 公式ブログ
『#2 Just trust yourself🌸』

  •  
     
     
     
    ブログを開いて下さり、ありがとうございます!
     
     
    神奈川県出身、21歳の遠藤光莉(えんどうひかり)です!
     
     
    最近、少しずつ気温が下がり、秋本番になって来ましたね。
    いかがお過ごしでしょうか?
     
     
     
    ↑ポニーテールしたよ☺︎の写真
     
     
     
    ゚+。::゚。:.゚。+。。+.:゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:
     
     
    今日は10月30日。
     
    昨年の10月30日は坂道研修生ツアーの初日を迎えていました。
     
    私たちの存在をご存知の方は本当に少なかったと思いますし、全てが初めてで、みなさんに受け入れていただきたい一心で悔いのない様に頑張ろう!と心に決めて舞台に臨んだ事をしっかり覚えています。
     
    そしてあの舞台から1年経って、これからまた心新たにステップアップしていけるように頑張っていきたいと思います。
     
    坂道研修生を快く受け入れてくださって、私たちのスタートにたくさんの歓声をくださったみなさんに本当に感謝をしています。
     
     

     
    ゚+。::゚。:.゚。+。。+.:゚。:.゚。+。。
     
     
    10月18日からスタートした櫻坂46 新番組のタイトルが「そこ曲がったら櫻坂?」に決定しました!🌸
     
    メッセージとかで私は「そこさく」って呼んでいるのだけど、みなさんと同じでしょうか?
     
    #1、#2の回がすでに放送されました!
    見て下さった方、ありがとうございました!
     
     
    #2では櫻坂46 決起集会!という事で、メンバーみんなで新グループ名になったのを機に変えたい事、挑戦したい事を話し合いました!
     
    この回は面白くて、収録中ずっと笑っていました🤣
    みなさんも楽しんでみて下さっていたら嬉しいです!
     
     
    そして私は自分のキャラについての話をさせて頂きました!
     
    今まで、『漫画を好きな方は沢山いるから私のレベルで「好き!」とお話するのは…』と躊躇してしまっていたのですが、新グループ名になって私も変わりたい!と思って番組アンケートに書かせて頂いた所、スタッフさんが見つけて取り上げてくださいました!
     
     
    今まで自分の「好き!」をあまり沢山の人に言っていなかったので、番組が放送されるまでとても緊張でドキドキしていましたが、そこさく放送後にメッセージのレターで「そこさくで知ってワンダンス早速読んだよ!」などコメントを下さる方が沢山いらっしゃって嬉しかったです!
     
     
    そして、こちらもレターを通して教えて頂き知ったのですが、なんと!!
     
    「ワンダンス」の原作者の珈琲先生、編集者さん、月刊アフタヌーンさんがTwitterでコメントを下さったそうです!!🙇‍♀️♡
     
    本当にありがとうございます!!
     
     
    ワンダンスとの出会いは漫画に挟まっていた広告に「ダンスを題材にした漫画」と書いてあり、気になってあらすじを読んでみたら漫画のヒロインのお名前が「湾田光莉ちゃん」という事を知りました。
     
    私と同じでダンスをやっていて、名前の漢字まで同じなんて読むしかない!と勝手に運命を感じて読ませて頂き始めたのですが、ストーリーが進んでいくにつれ自然と引き込まれて、今では私の音楽アプリにワンダンスの作中に登場する曲プレイリストを作ってしまうほど大好きになりました!
     
    なので、今回そこさくでお話させて頂いた事とても感謝しています🙏
     
     
    まだまだなのですが、これからもっとたくさんのジャンルの漫画を知って、ただの「好き」からもっと広げていける様になりたいと思いました!✨
     
     
    まずは土田さんが紹介して下さった北斗の拳とひかるちゃんが紹介してくれたフェアリーテイルから読んでみようかな!
     
    ゚+。::゚。:.゚。+。。+.:゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:
     
     
    そして、同じくそこさくで土生さんが提案してくださった"新しく円陣を考えたい!"の中で取り上げていただいた"Just trust yourself!!櫻坂46!"の意味を教えてというメッセージをたくさんいただきました。興味を持っていただいて嬉しいです。
     
     
    "Just trust yourself!"の意味は、"自分自身を信じてみるだけでいい"という意味です。
     
    桜は日本を代表するお花だと聞いて、いつか世界でも活躍できる様なグループになれる様に海外の方でも分かるような円陣にしたいなと思ったんです🌸
     
     
    本番に向けて頑張ってきた努力は嘘をつかない。だから、本番には自分自身の力を信じていさえいれば必ず良いものを残せる!という解釈を込めて出させていただきました。
     
    たくさんお話しできて楽しい回でした♪
     
    これからもそこさくで沢山お話しできる様に頑張って行きますので、見守っていて下さったら嬉しいです♪
     
     
    ゚+。::゚。:.゚。+。。+.:゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。:
     
     
    🌱お知らせ🌱
     
     
    ○11月2日(月) 15:30〜18:00 NHKFM 「ゆうがたパラダイス」さんに大園玲ちゃんと2人で出演させて頂きます!
     
    先輩方が出演されているのを聞いていたので、まさか自分が出演させて頂けるなんて光栄です!
     
    まだまだラジオの経験は少なくて、しかも生放送なので緊張していますが、楽しくお話したいと思います!
     
     
    ○そして、私達新二期生にとっては初めてのファンのみなさんとお会いできる、オンラインミートアンドグリートが開催される事になりました!
     
     
    詳細はこちらから↓
     
     
     
     
    たくさんお話出来るのが楽しみ♪
    お待ちしております🌱
     
    近々、このオンラインミートアンドグリートに向けて私の好きな事など改めてブログに書いてみようかな!
     
    少し待っててくださいね☺︎
     
     
     
     
    今日もブログを読んでいただきありがとうございました☺︎
     
     
    次のひかりんブログも読んでいただけたら嬉しいです!
     
    では!
     
     
     
    光莉🌻

遠藤光莉 公式ブログ 『#2 Just trust yourself🌸』 より引用しました

ツイッターの反応

引用元: http://rio2016.5ch.net/keyakizaka46/

 , ,

日向坂46の記事はこちら

日向坂46まとめちゃんねる

注目の記事

『櫻坂46遠藤光莉「自分自身を信じてみるだけでいい」円陣に込められた想いが泣ける・・・』へのコメント

  1. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/31(土) 00:24:00 ID:AzNjMyODY

    “Just trust yourself” は、明確な信念や理想を持つ人間が苦境に際して自分を励ます言葉。自分を律することができる強い人間になっている人にのみふさわしい。卒業していったスキャンダルメンバーのようないい加減な人間は、この言葉をいつの間にか、”Just please yourself”(ただ自分を楽しませればいい)に変えてしまう。「自分」を主張する時点で、櫻坂の現状がわかっていない。自分ではなく、誰かのために何かをやろうとする意識がないと、欅の頃と何も変わらないだろう。

  2. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/31(土) 00:47:37 ID:k2MTE5MzY

    卒業メンバーはどうでもいい
    改名したのはそういう意味もあるんだから。
    今のメンバーはみんな変わろうと頑張ってるよ

  3. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/10/31(土) 01:52:18 ID:Q5OTg2MTc

    長いまつ毛がヒワイねあなた♪

  4. 名前:名無し46ちゃんねる様 : 投稿日:2020/11/01(日) 04:33:16 ID:E4Njg0MTk

     えんぴか大人っぽくなったね。

コメントをどうぞ

※誹謗中傷などの不適切なコメントは削除しコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。
※荒らし・煽りコメントには反応しない様にお願いします。場合によっては反応している方もコメント禁止の措置を取らせて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑